2019/05/02 13:54

その昔、輸入家具屋さんで働かせてもらっていたことがあって、家具のデザインと一口に言ってもそりゃ沢山色々あったよなぁって時々思い出す。

中でも多かったのがホタテ貝のデザインや木々や葉や花。

大人になっていつからか遠くに見える大雪山が凄く綺麗に見えて嬉しくなったり、山に見える木々を見ているだけでも心が休まるようなそんな気持ちになるというのは、僕が大人、というかおっさんになったってのはもちろんだけど、元々そこにあったものの美しさを愛でられるようになったんだなと思うと、より自分が作るものに対するアプローチの仕方を変えても良いよなぁと思ったんですよね、っていう全然伝わらない話。